夕陽

帰りたい時にこそ実家へ帰省するススメ

進学や就職のタイミングで一人暮らしを始めると、それまで身近な存在だった両親が、遠くに感じるようになるでしょう。よほど両親と疎遠だった人でもない限り、「たまには実家に顔を出そうかな」と考えてしまうものです。

帰れる時こそ実家に顔を出そう

そこで、帰れる機会があった時こそ、両親に元気な姿を見せてあげましょう。現在の住まいと実家の距離が近ければ移動するのも楽ですが、距離が離れている場合は、ゴールデンウィークなどの長期休暇を利用するのが理想です。1人暮らしにすっかり慣れた人も、慣れていない人も、仕事や生活の疲れをリフレッシュするいい機会にもなります。

仮に二十歳から独立した人が、お盆と正月のタイミングで欠かさず実家に帰っていたとしても、元気な両親と会える機会は数十回前後となるでしょう。これを多いと見るか少ないと見るかは人によって異なりますが、「孝行したい時に親は無し」ということわざにもあるように、両親が元気なうちに親孝行はしておきたいものです。

実家に帰れない時は?

母の日ギフト特集|大丸松坂屋オンラインショップ
画像引用元:母の日ギフト・プレゼント特集2019|大丸松坂屋オンラインショッピング
とはいえ、学業や仕事で忙しい日々が続き、なかなか実家に帰れないという人も多いでしょう。そんな時は、誕生日や、母の日、父の日などの記念日を利用してギフトを贈っても構いません。両親に対して、日頃の感謝の気持ちを伝える方法としては最適ですし、自身が息災であることを知らせることもできるでしょう。母の日や父の日ギフトの多くには「宅配便サービス」が存在するため、遠方に住んでる両親にも楽にプレゼントすることができます。

両親の好みは把握している人も多いでしょうが、念のため両親に対して何が欲しいかを事前に聞いていたほうが、相手が喜ぶプレゼントを選びやすくなるでしょう。ただし、両親がプレゼントを遠慮して欲しいものを教えてくれないことがあります。そんな時は、カタログギフトを贈ると好きな商品を選べるので間違いがありません。同年代の友人にカタログギフトを贈るのは固すぎる印象になりますが、両親なら子供がしっかり育ったと思ってもらえるでしょう。特に好みが難しい両親の場合は、品物が男女別に分かれているマイプレシャスのカタログギフトを選べば、欲しいものが見つからない事態も避けられます。